マウスピース矯正の注意点【最新矯正治療法】

ロゴ

地震にあった矯正治療を受けよう【取り扱っている治療法を確認!】

治療

美しい口元の条件

綺麗な歯並びや噛み合わせは、口元を美しく見せます。逆に歯並びが悪かったり噛み合わせが悪かったりすると、アゴが曲がったり歯に隙間が出来たりして、口元が汚く見えてしまいます。
また見た目の問題だけでなく、骨格のゆがみや歯周病などにつながることもありますので、歯並びや噛み合わせが悪い人は、出来るだけ早めに歯医者へ行き矯正歯科を行うと良いでしょう。

診察室

矯正歯科で取り扱っている矯正方法

矯正歯科の治療では、マウスピース矯正やワイヤー矯正、インプラント矯正などの種類があります。歯の形や元々の骨格、悩みに合わせて最適な方法がとられます。治療にかかる料金や時間もそれぞれ大きく異なります。医師の指示に従って矯正方法を決めましょう。また、大人と子供でも、適切な矯正歯科治療が異なる場合があります。

治療器具

注目のマウスピース矯正

矯正治療の中でも、マウスピース矯正は最もポピュラーな方法です。自分の歯の形に合わせてマウスピースという被せ物を作り、それを歯に装着することで、歯並びを綺麗にしたり、噛み合わせの悪さを解消出来たりします。
取り外しがとても簡単なので、お手入れがしやすく、見た目も透明なので気にならないというメリットがあり、おすすめです。

治療

インプラント矯正のメリット

インプラントと呼ばれる固定具を歯の根元に入れるのが、インプラント治療です。歯を動かす部分をしっかり固定出来るので、治療期間が短く、負担が少ないというメリットがあります。
また手術によって固定具を埋めてしまうので、洗浄などのお手入れの必要もありません。人工歯を被せれば、見た目もとても美しくすることが出来ます。

日進駅周辺で好評な歯医者さんならコチラ!

マウスピース矯正中に気をつけたい事

歯科医

食後のマウスピース装着に注意

食後すぐにマウスピースを付け直してしまうと、食べかすや汚れが付着して、歯垢が溜まったり虫歯になったりしてしまう可能性があります。食前に外したマウスピースを食後付け直すときには、しっかり口内ケアをしてから装着するように気をつけましょう。

マウスピースの破損に注意

激しい運動をしている時や、歯ぎしりのクセがある人はマウスピースの破損に注意しましょう。破損の仕方によっては口内にケガを作ってしまう可能性もありますし、一から歯型を取り作り直さなくてはなりません。破損の可能性があるときは、外すクセをつけましょう。

外したときの置き忘れに要注意

外食時にマウスピースを一時的に外し、そのまま置き忘れてしまうということはよくある失態の一つです。衛生的にも悪いですし、周りにも迷惑がかかりますので、置き忘れしないように専用ケースを持ち歩くなど、工夫しておきましょう。

お手入れはしっかり汚れを残さず

マウスピースのお手入れはしっかり行いましょう。怠ると雑菌が繁殖し、健康な歯に影響を与えてしまいます。洗浄剤を使うタイプのものは、決められた期間内に必ず洗浄するようにしましょう。また歯磨き時は、外側、内側から優しく磨き、力を入れすぎないようにするのがポイントです。

マウスピース矯正を新宿の歯科医で受けよう♪